不眠症の原因や症状は?不眠症になるとどうなるの?

不眠症はどんな症状なの?

不眠症はどんな症状なの?

不眠症とは眠りに問題が生じる病気のことです。適切に眠りに入る、睡眠を持続させることが困難になってしまう症状です。

布団に入ってもなかなか睡眠に入ることが出来ない入眠困難、夜中に何度も目が覚める中途覚醒、起きたい時間よりもずいぶん早く目が覚めてそのご再び眠りに入れない早朝覚醒、眠りが浅く疲れが取れないことや熟睡した感覚がない熟眠障害など様々な特徴があります。

このような症状がある不眠症になってしまうと日中の眠気や注意力や集中力が低下するなど日常生活に影響が出ることも少なくありません。

適度な運動をしたり、生活リズムを整える、ストレスを溜めないようにする、眠る前にはリラックスできる時間を作ることなどが大切です。

不眠症はどうして起こるの?

不眠症はどうして起こるの?

多くの方が悩まされ、現代病の1つとも言える不眠症。そんな不眠症はどうして起こるのでしょうか?原因は大きく分けて5つあります。

1つ目は身体的要因です。アトピー性皮膚炎によるかゆみや喘息で出る咳など、病気の症状によって睡眠が妨げられるものです。2つ目は生理学的要因です。

海外旅行や出張による時差ボケなど生活リズムが変わることによって起こります。3つ目は仕事上や家庭上などの悩みでストレスが溜まり眠れなくなる心理的要因、4つ目はうつ病など精神疾患が原因の精神医学的要因。

最後に薬やアルコールなどが原因で起こる薬理学的要因です。このように不眠症は様々な要因が原因で起こるので、自分はどんな要因で不眠になっているのかを把握することが治療する上で重要です。

不眠症は遺伝と関係ある?

不眠症は遺伝と関係ある?

夜なかなか寝付けない、長い間眠れない、朝早く目覚めてしまう、眠りが浅い感じがするなどの症状が続き、寝不足のため日中の眠気の眠気や注意力不足、疲労感などの体調不良が起きている状態を不眠症と言います。

不眠症は遺伝と関係あるのでしょうか。結論から言うと、遺伝とは関係ありません。遺伝とは、親のDNAが子供に引き継がれることですが、不眠症の原因はDNAには関係のないもと言われています。

不眠症のタイプや原因は人によって違います。心理要因や身体的要因、生活習慣による要因などがあります。

例えば、親子共にアルコールやカフェイン、ニコチンをよく取る生活をしている場合、親子そろって不眠症になることもありますが、それは遺伝とは関係なく、生活習慣を見直すだけで治る場合もあります。