恋人が不眠症になってしまった人の悩みをまとめてみた

不眠症の恋人を持つ悩み第1位は?

不眠症の恋人を持つ悩み第1位は?

不眠症の恋人がいる人は、どんな事に悩まされているのでしょうか。悩みの第1位は人によって様々なので、代表的な悩みを紹介します。

まず不眠症の人が健康な人と大きく違うのは、判断能力が低下している点があります。例えばデートで外食をする場合、何を食べるか、どのお店に行くのかという一見すると簡単な選択でさえ、すぐに答えられない事があるのです。

一緒に過ごす時に相手の決断に依存的になりやすいので、恋人が優柔不断に感じられるという悩みがよくあります。

また、不眠症により性欲がわかなくなり性交ができないという悩みをあげる人もいます。男性は睡眠不足で性機能が落ちますが、それを知られるのを恥と感じやすいもの。女性はなぜ抱いてくれないのか理解に苦しむケースもあるのです。

不眠症のストレスで別れてしまうカップルもいる?

不眠症のストレスで別れてしまうカップルもいる?

不眠症のストレスは非常に辛いもので、これが原因でイライラして破局になるカップルもいるほどです。ストレスを解消する最大の手段が睡眠ですから、よく眠られないほどイライラすることはないでしょう。

冷静な判断力、集中力、理性などが少しずつ失われていき、日常生活にも問題が生じてきます。

不眠症で破局にならないためには、よく眠れる体質に変えていくしかありません。人間の身体はリズムによって活動しているため、このリズムを崩さないようにしてください。

リズムを安定させるためには、まずは睡眠する時刻を決定していくことです。24時を回ると覚醒作用が発生してしまうので、24時よりも前に眠ることが基本です。理想的な睡眠リズムを確保するには、22時までの睡眠をおすすめします。

不眠症の人と一緒に寝ると自分も不眠症になる?

不眠症の人と一緒に寝ると自分も不眠症になる?

不眠症は風邪やインフルエンザのように細菌・ウイルスによるものではないのですが、家族や恋人が不眠症だったとき自分もなってしまう可能性があるのか、というと、それは否定できません。

というのも夜眠れないからと、明かりをつけて作業をしたり、何度も繰り返しに寝返りをしていたりすると、一緒に寝ている人が起こされてしまいます。

また、眠れないことで溜まっていくストレスで、イライラする、怒りっぽくなるという行動をしていると、それに付き合っていることで、知らず知らずストレスが溜まっていき、自律神経失調症になってしまうこともあります。

不眠症になる人が増えてしまうと、それで規則正しい日常生活を送ることが出来なくなり、家庭が壊れてしまう危険性も出てきてしまうので、自分が睡眠をとるためには別々に寝ることも考えるべきです。